おすすめ副業の専門家が教えるFX

FX取引のレバレッジの掛け方には悩ませられます

おすすめ副業の専門家が教えるFX

 

私は以前株取引をしていたのですが、どうしても取引が上手く出来ませんでした。なので株取引をやめて、最近人気のFX取引に鞍替えをしたのです。人気だと言う事は、利益を出しやすいからに違いないと思い、株取引を見限ってFX取引に引っ越してきたのです。ですがFX取引を初めてしばらく経つと、私の考えが間違っていた事に気が付きました。FXが人気だとは言え、株式と同じ投資であることには変わりませんから、元本割れのリスクが存在しています。

 

ですから不用意に取引をしていると、思わぬ大損をしてしまう所は、株取引と何ら変わりませんでした。FX取引で始めに扱いが難しいと思ったのが、レバレッジです。株取引でも信用取引により資金の何倍かの取引ができましたが、FXのレバレッジはそれを上回るものです。FXはレバレッジがあるおかげで、少ない元手でも大きな取引をすることができ、大儲けをするチャンスが高いと言えます。しかしこのレバレッジが曲者で、掛け方に因って取引に大きく左右してるのです。

 

FX取引は為替の変動を利用して利益を得るのですが、為替の値動きは一般的に穏やかなので、多額の取引をしないとまともな利益になってくれません。だからこそFX取引にはレバレッジがあり、レバレッジを掛ける事で、値動きの少ない為替でも大きな利益を得る事が出来るのです。値動きの悪い為替を見ていると、レバレッジを思いっきりかけたくなってしまいます。レバレッジを掛ければ掛けるほど、得られる利益は大きくなりますので、少しでも多く儲けたいと考えたら、レバレッジを最大まで掛けてしまうと思います。

 

しかしそのような取引は非常にリスキーであり、一歩間違えばあっという間に大損をしてしまう恐れがあるのです。かといってレバレッジをあまりかけないと大した利益になってくれず、元本割れのリスクを負ってまでFX取引をやる意味がなくなってしまいます。レバレッジは利益と損失を大きく左右するものですから、適当に掛ける事は出来ず、どのくらいか掛けたらいいのかの加減がとても難しいのです。

 

 

たとえ土曜日や日曜日でもチカチカと点滅しているFXの会社も

おすすめ副業の専門家が教えるFX

 

FXという商品は、基本的に土日に売買をする事は不可能になります。あくまでも平日に売買を行う事になる訳ですね。そして土日になりますと、金融会社によるレートはストップしている状況になります。普段はチカチカと点滅をしているのですが、土日になると非常に大人しい状況になる訳ですね。ところで外貨というのは、たとえ土曜日や日曜日でも変動はしています。一見すると全く止まっているように見えていても、実際は動いているのですね。

 

思えば月曜日になりますと、たまに窓が開いている事があるでしょう。あれも土曜日や日曜日に外貨が動いていることの証明なのですね。しかしもちろん多くの金融会社では、土曜日や日曜日の動きを見ることは難しいです。ところが一部の金融会社は、それを見る事ができるのですね。実際私はそれをある時に目撃した事があります。というのも今から1ヶ月くらい前なのですが、私はある金融会社のデモの口座を作ってみたのですね。ちょっと色々と各社のスペックなどを確認したかったので、試しにある会社のデモ口座を作ってみた形になります。

 

そして、その口座の状況を見て驚きました。私はたまたま土曜日にそのデモの口座でチャートを見てみたのですが、何か普段と違っていることに気が付きました。外貨の金額が動いていたのです。正直それを初めて見た時には、ちょっと驚きました。今まで用いていた金融会社では必ず土曜日や日曜日に点滅がストップしている状況だったのですが、そのデモの口座の場合はたとえ土日でも点滅をしていたのですね。

 

ちなみにそのような事ができる金融会社は、数は限られています。全体の数%くらいだと思いますね。恐らくその金融会社の場合は、独自のルートがあるのでしょう。あの金融会社の場合は非常に多くの銀行などと提携をしているようなので、たとえ日曜日などでもチカチカと点滅するようになっているのかもしれませんね。このようにちょっと特殊なFXの会社もある訳ですね。個人的にお薦めなFX会社はココに載ってる所なので、興味がある方は是非どうぞ。

 

 

中には土曜日や日曜日でも注文する事ができるFXの会社も

おすすめ副業の専門家が教えるFX

 

金融会社というのは、カレンダー通りに動いている傾向があります。それで土曜日や日曜日や祝日などは、基本的には営業をクローズしているのですね。ですのでそれらの曜日に金融会社に電話をしても、たいてい誰も出ない事が多いです。いわゆる自動アナウンスが流れるパターンがほとんどです。ところでFXにも、そのような一面があります。この金融商品の場合は、土曜日や日曜日などに売買をする事はできないのですね。あくまでも平日のみに売買をする事ができるのです。もっとも日本の祝日は別なのですが。

 

ところが、一部例外の金融会社もあるのです。少し過去の話にはなりますが、そのような曜日でも売買ができる金融会社があったのですね。というのも数年前なのですが、ある金融会社では土曜日や日曜日でも売買ができるシステムになっていました。もちろんチャートを用いて、その値動きを確認する事もできます。しかもリアルタイムなレートも変動しているのですね。

 

それは、かなり斬新だったと思います。前述のように他の大部分の金融会社は土曜日や日曜日には売買ができない状況なのですが、その会社だけ売買ができる訳ですね。他とは少々異なる金融会社の1つと言えるでしょう。ところがその金融会社は、ある時ルール変更が生じました。色々な事情があったらしく、ある時に土曜日や日曜日には注文ができなくなってしまったのですね。現在でもその会社では、平日のみに注文を行う事ができます。

 

このよーな事例がたまに有るので、一部の金融会社では土日でも売買をする事は可能なようです。ただしその数は非常に少ないですね。パーセンテージにすれば、恐らく5未満だと思います。ただ1つだけ言えるのは、FXの会社は土日で売買をする事ができるシステムは組める訳ですね。その気になれば、土日でも注文ができるようになる訳です。ただ現在では、ほとんどの会社は平日にそのシステムを組んでいないだけです。今後人々からの要望が増えれば、いずれ土曜日や日曜日でも売買ができるようになるかもしれませんね。

 

FXで金利差益が得られるスワップポイント

 

外貨取引をされているという方も多くなってきている現代では、外貨による金利の利益を得たいという方も多くなってきております。特に日本は低金利な通貨となっておりますので、高金利な通貨を保有しておくことは非常にメリットが大きなものであると考えられます。為替トレードやFXにおいては為替レートの差益によって利益を得る仕組みが注目されてきておりますが、実は通貨間の金利差によっても利益が得られるスワップポイントが用意されておりますので、この金利差益を狙って利益を得るという方法もFXの持っている大きな魅力となっているのです。

 

FXで短期的なデイトレードが人気となっておりますが、通貨の売買をして高金利の通貨のポジションを保有している間は、一日ごとに金利が発生することになりますので、高金利の通貨を長期間保有しておくことで金利差益いわゆるスワップポイントで利益を狙うということも可能になってくるのです。こうしたFXで決済を先延ばしにすることをロールオーバーと呼んでいるのですが、このロールオーバーを長期的に行うことで外貨預金よりも有利に金利差益を得られるようになっておりますので非常にメリットは大きなものであると考えられます。

 

外貨預金の場合ですと通貨の取引をする際に手数料がかかってしまって、その手数料分の利益を金利で補うためには数年の預け入れが必要になってきますが、FXのトレードの場合ですと通貨取引に必要な手数料は無料に設定されていることが多く、実質的な手数料として外貨預金の手数料の数十分の1以下のスプレッドという概念が適用されてますので、非常にリーズナブルに取引を進めることが可能になってくるのです。

 

FXトレードは調金運用することで外貨預金と同じような運用が可能になっておりますし、もちろんそれに平行して短期トレードも行うことが可能になっておりますので、トレーダーの都合に合わせて取引できるというメリットを持っているのです。

続きを読む≫ 2016/04/07 12:28:07

FXでそこそこ資産を増やしたので今後は慎重にトレードしたいです

 

これまでは順調にFXをトレードをすることが出来ていたのですが、中国を筆頭に世界の経済がどうなるかわからないので、今後は慎重にトレードをしていきたいです。世界的な株高相場の中で、FXも動きが読みやすくてそこそこ資産を増やすことが出来たので、増やした資産を守るように少し控えめなトレードに変えたいです。

 

米ドル円相場でずっとFXをやって来たので他の通貨にはあまり詳しくはありません。これ以上は円安が進んで行きそうにないですし、米ドル円以外にも目を向けてトレードをすることが出来るようになりたいです。動きがわからない時は無理をしたくないですし、他のところに挑戦をして視野を広げていけるといいです。他の通貨でもトレードをすることが出来るようになれば、もっと上手にFXで資産を増やしていくことが出来ると思います。

 

選択肢は色々とありますし、FXを止めるということは考えていません。難しい相場でも稼いでいる人はいますし、どんな相場にも対応をすることが出来るように経験を積んでいけるといいです。流れがなんとなくわかっている時は安心してポジションを取ることが出来るのですが、中国の失速に日本の経済もGDPが安定をしていないので不透明です。為替がどんな反応をするのか、どんな影響を受けるのか相場を見ることで勉強をすることが出来るといいです。

 

相場に長くいることでわかることも多くなって来ますし、お金を減らして退場をしないように上手にFXをやっていきたいです。環境が悪い時や自分にはわからない時は、無理をしたり焦ったりせずに慎重になることが出来るといいです。相場は逃げたりしないですし、FXは無くなったりしないので、チャンスだと感じた時にトレードをするようにしたいです。いつでもたくさん儲けることが出来るといいのですが、私にはそこまでの腕は無いのでFXをする時は恐る恐るですし、自信を持ってトレードをすることが出来るまで経験を積んで実力を上げたいです。

続きを読む≫ 2016/04/07 12:27:07

8月12日。東京時間午前は人民元の下落によって発生したドル高とオセアニア通貨の下げが印象的でした。豪ドル円なんて1円以上も下落しました。それに対し、米ドル円は堅調。20PIPS程しか変動していません。じっとしている間に豪ドル円はこの値幅です。これはまさに静と動の対照的な関係です。米ドル円にばかり目をやってレポートを全く読まずにチャートを見ていたら、この大変な相場には気づかなかったことでしょう。

 

オセアニア通貨の他に2桁のマイナスで寄り付いた日経平均は、人民元の基準レートが発表されると下落を強め、200円超えの下げになりました。こちらも負けていません。私が普段メインに見ているのは豪ドル円なので、早速異変に気づきました。そして理由を知りたくてレポートをチェックしたんです。すると、人民元が安くなった影響で日経平均まで下落している事実を知ってしまいました。

 

このような荒れ相場は、出来るだけ見ないようにしたいけど、出会ってしまったのでしょうがない。人民元をきのう切り下げたので、被害はきのうからです。今日も心の中では思いっきり疑っていました。そしたら、やっぱりだという感じ。現在は14時過ぎ。東京時間午後は、オセアニア通貨の下落の勢いが弱まり、豪ドル円は90.36の安値から90.77まで反発しています。これからどのように動いていくのでしょうね。

 

私なりに分析すると東京時間で大きく下げた日の欧州時間では逆の流れになることが多い。本日の東京時間は円買いの流れだったので、買戻しが起こることが考えられる。これは傾向から考えたことなので、確実ではありません。前日の東京時間も本日のように円買いになりました。その後の欧州時間では1時間足の抵抗線付近まで戻してきています。それからはレンジになりました。戻したとしても、またレンジになって下げていくかもしれません。戻りが大きくなっていますし、下げが長続きしないようになっているので売りは難しいです。またロングも非常に危険です。

続きを読む≫ 2016/04/07 12:27:07

FXを始めるには、まず、どうしたらいいのかわからない場合。

 

今やFXは世間に大いに知れ渡り、性別や年齢にかかわらず、誰もがこれを楽しんでおります。テレビやラジオ、雑誌、インターネット、その他、FXに関する情報は数限りなく私たちの目の前に現われるんですね。今というのはそういう時代なんでしょう、おそらく。そういう情報を得まして、そうか、それじゃ俺も一つやってみようかな、なんて考える方は一人二人じゃございません。本当に多くの方が興味を持つんですね。で、いざ始めようとしたとき、いったいどうしていいのかわからないと言う方も少なからずいらっしゃるでしょう。

 

FXはいったいどうやって始めるのでしょうか。先ほども言いましたが、現代はインターネット社会でございます。パソコンはおろか、スマートフォンなんかを持ってらっしゃる方も非情に多い。これで検索をかければ一発でFXの始め方なんてわかります。本当、便利ですね。それでFXを始めるには、まずはFXの会社を選ばないといけない。ここで取引を行なうんですから。ただ、これだけFXが人気になりますと、そういうFXの会社もどんどん増えまして、どこを選んでいいのかわからなくなってしまいそうです。会社ごとに手数料やリバレッジに多少の違いがありますから、ここはご自分に合った会社を選び出すのが肝心でございます。

 

それから、FXを始めるときには、なにかと不安がつきものだと思います。いくら株や先物よりも資金も安くでき、リスクも軽減できるといいましても、取引には多少なりともお金が必要なんですからね。そこでおすすめしたいのがシュミレーションなんです。実際の取引と同じ条件で、お金をかけずに始められる。これはほとんどのFX会社が用意しておりますから、気軽に試してみるのもいいですね。実際の取引の空気が味わえます。FXを実際にやって行く上でわかることですが、このFXには実にいろいろなスタイルがあるんです。どのスタイルが自分に適切かを、やっていくうちに理解していきましょうね。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:31:22

FXがこれほどまでに人気なのは、それだけの理由があります。

 

今どき、投資と言いますと、大概がFXなんて答える時代でございます。それだけこのFXは流行ってる。FXがこれほどまでに流行ってるのにはいくつかの理由がございます。それはなにかと言いますと、一つには仕組みが簡単ということがあります。簡単に言ってしまえば、通貨の価値を予想するだけですから。それから株や先物などの取引と比べて、資金も少なくすみ、リスクも軽減できるということもあるでしょう。これはかなり大きなメリットと言える。今まで確かに株や先物なんかは人気でございましたが、これで損失を出してしまうと、けっこう大きなものになってしまうことがありましたから。

 

FXは資金が少なくてすむと言いましたが、それでも一攫千金のチャンスは大いにございます。それはレバレッジというもの。レバレッジとはテコの原理を意味しておりまして、資金がどんなに少なくても大きな取引が行なえるというものなんですね。でも、このレバレッジを使うと、あたりまえですがリスクも大きくなります。あと、24時間いつでも取引可能というメリットもございます。FXは世界中で取引が行なわれますから、いつでも参加できるというのも利点に数えることができますね。だって、忙しい人には絶好の取引と言えますから。お仕事や家事なんかでどうしても時間をつくるのが難しい人、いらっしゃいますね。そういう方には最適でございます。

 

FXの良いところ、まだまだあるんです。そういう良いところがたくさんの人をFXに誘ってるんですね。始め方はとっても簡単です。でも、確かに確実な利益を出すには、それなりの経験と知識も必要でしょう。今はインターネット時代でございますから、こちらでFXの情報を得て、自分なりに研究していけばいいでしょう。楽しいですから。もともとFXはローリスクローリターンの取引とうことで知れ渡りました。ですから、ここは最初から大儲けを期待するんじゃなくて、ほんの小遣い稼ぎとして始めるのがいいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:31:22

今日はFXのリスクについて、細かいとこまで調べてみました。

 

こんにちは、私は今FXに挑戦して、ひと旗上げようと思っているフリーターです。ここ数日でFXについてかなり判ってきました。いつもどうやって儲けようかばかり考えていたので、今日はFXを取引するにあたってのリスクを学んでいこうと思います。

 

まずは為替の変動リスクです。FXは元本は保証されていません。為替の変動によって儲けるばかりか損失が生じる場合があります。この為替変動リスクを考える上で重要なのが、レバレッジとの関係です。為替変動により、レバレッジが高ければ、高いほど利益が大きくなる場合がありますが、反面、損する時はレバレッジが高ければ、高いほど損失が大きくなるリスクがあります。

 

次は流動性のリスクについてです。外国為替市場では、戦争やテロや天変地異などの突発性の出来事がおこると、為替の取引量が急激に変化して、自由な取引が難しくなったりします。このような現象を変動性のリスクと言います。この時に注文を出しても、取引が成立しなかったり、自分が取引したい数値と大きくずれた値段で成立してしまったりしますので注意が必要です。

 

次は金利の変動リスクです。FXは2国間金利でより高い国の通貨を持つことによって、スワップポイントが発生します。しかし、金利はその国の事情によって変わる時があります。いつも受け取っていたスワップポイントを、ある日から払わなければならなくなるかもしれないのです。よって、金利は毎回必ずチェックしなくてはいけません。次は信用リスクです。自分が頼りにしているFX業者が倒産や破産をして、取引できなくなったり、預けていた証拠金が戻って来なかったりするリスクを信用のリスクと言います。FXが立ち上がった同時は財務か脆弱な会社もいっぱいあったそうですが、今は新しい法律の施行により財務の悪い会社は排除されているようです。

 

以上でFXのリスクに関して終わりたいと思います。しかし、まだ知らないことありそうですが、それは今度の機会にしたいです。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:31:22