借入審査において大切なこと

お金が無くて困っているとき、消費者金融や銀行、信用金庫などの金融機関をはじめ、クレジットカード会社などの信販会社などからも簡単にキャッシングができるようになりました。金利をひと昔前のように高いことはなく、多くの金融機関が個人への少額融資に参入してきたことによって、金利はどんどん下がってきています。つまり、借りる側にとっては、非常に借りやすくなってきていると言えます。

ただ、簡単に借入が可能になったとはいえ、金融機関もリスクを負いたくありませんから、審査を行い、信用できると判断した人にのみ融資をします。信用できるかどうかという判断基準、つまり審査基準は各金融機関ごとに異なり、また基準が発表されているわけでもないので、はっきりしたことはその内部の人にしかわかりませんが、通常考えられるのは、その人にきちんと返済能力があるかどうかが問われるということです。返済能力があることが分かれば、金融機関は融資をためらいません。しかし、返済能力がない、あるいは過去に返済不能に陥るような金融トラブルを起こしているということであれば、審査に通らない可能性が高くなります。

返済能力の有無で重要になってくるのは、まず安定した収入があることです。そのため無職はもちろんのこと、就職したばかりだったり、転職を繰り返していたりすると、審査にパスしない可能性が高くなります。ちなみに年収額は審査とってそれほど重要なことではありません。年収額に応じて融資上限額も変わってきますが、年収がどれほど多くても、安定していなければ金融機関は難色を示すことが多いようです。

二つ目に過去に金融トラブルを起こしたことがないというのが重要です。金融トラブルを起こしてしまうと、ブラックリストに載ってしまうので、それを画すことができません。どの金融機関でも審査をとき、一瞬で過去の金融トラブルの有無を調べることができるネットワークが完備されています。