借入金の可能額ってどれくらいなの?

キャッシングを利用するときに気になるのが借入金の可能額です。中には100万円くらい借りれないかと考えている人もいるかもしれません。では実際の借入金はどうやって決定しているのでしょうか?ここではその詳しい可能額のボーダー設定を公開いたします。まず消費者金融には総量規制というものがあります。これはかつて消費者金融で問題となっていた、利用者の借りすぎを防止する法案です。当時は借入の限度額規制などありませんでしたから、業者は30%近い高い金利でどんどん貸し付けを行っていました。当然ながら返済計画がはっきりしていない消費者は、借入期間の長期化とともに利息が膨らみ、返済ができない状況に陥ってしまいました。

総量規制は消費者を助けるための法案で、具体的には年収の3分の1までしか借入金の額を増やせないと設定されています。第一としてこの総量規制による可能額が決まってきます。次に利用者の返済能力によるボーダー設定です。業者は利用者の返済能力を慎重に見極めながら、この人ならいくらまでお金を貸して大丈夫なのかというのを設定しています。返済能力を見極める第一の要素はやはり収入です。この収入の絶対値が低いアルバイトのような職業は、基本的に審査が厳しくなり、あまりたくさんのお金を借りることはできません。

また、業者は収入の安定性も気にします。肝心の返済はこれからのことですから、今までの収入がどれだけあるかよりも、この先の収入が重要になります。公務員のように今の収入が将来も安定的に持続するだろうという職種なら業者もお金を貸しやすいです。一方で個人経営やフリーランスは、将来的な収入の予測を立てるのが困難です。結果的に可能額は下がりやすくなります。一般的に最初のキャッシングで借りられる金額は、最高でも20万円程度と言われています。いきなり新規の申し込み者に、50万円以上の大金を融資できる業者はまずありません。借入可能額の引き上げは、返済実績を見ながら徐々に行われるので覚えておいてください。